齊藤正巳税理士事務所Blog

2013年12月 2日 月曜日

税理士繁忙期へ

税理士の齊藤です。いつもありがとうございます。

3月決算法人・9月決算法人は、国内の法人で最も決算期の多い時期であることは先日お伝えしました。
会社の決算を確定させて法人税等の申告は、決算日から2か月以内に行うというルールのため、3月決算法人の申告時期は5月、9月決算法人の申告時期は11月ということになります。
よって、税理士の仕事もこの時期に集中することとなりますが、12月に入ったからといってほっと一息、というわけにはいきません。なぜなら、12月~3月中旬にかけては、
「年末調整作業」
「法定調書合計表・給与支払報告書の提出」
「個人事業者の確定申告」
という大イベントが控えているからです。
もちろん、会社往訪や確定申告書作成作業など、通常の業務はこれとは別に存在します。特に12月決算法人、つまり2月申告法人は、2月という日数の絶対数が少ない月に行うこととなるため、時間との戦いになるでしょう。(ちなみに齊藤の事務所では12月決算法人が多いです)

これから、税理士最大の繁忙期を迎えることになります。税理士は個人事務所であるケースも多く、体調を崩したからといって代わりに仕事をしてくれる人がいるわけでもありません。健康だけは十分に気をつけていきたいものです。
ただ、忙しいということは良いことです。逆にこの時期、「暇でした」などという感想を抱くようでは、税理士として、この先一年不安にならざるを得ないのではないでしょうか?



投稿者 齊藤正巳税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
■所在地
〒120-0034
足立区千住1-37-2
プティーボワービル300号

お問い合わせ 詳しくはこちら