齊藤正巳税理士事務所Blog

2014年3月25日 火曜日

個人事業者vs法人

税理士の齊藤です。いつもありがとうございます。

「法人化した方が節税になる」という言葉を聞いたことのある個人事業者様は多いのではないでしょうか。
以前、齊藤のもとにも、「個人事業者のままである場合と、法人成りした場合のメリット・デメリットについて比較シミュレーションをしてほしい」というご依頼が何件かありました。
法人設立のメリットについては、大まかに次のことが挙げられます。
①法人の場合は、自分にも「給料」を支払うことができるので、給与所得控除(給与所得のみなし経費)分について所得税の節税になる
②法人は設立第1期は消費税の免税事業者になる(条件次第では翌期も)
③法人の場合は、自分も会社の社会保険(健康保険・厚生年金)に加入できるので、社会保険料の軽減が見込まれる(法人の場合、社会保険料の半額は会社負担)
③生命保険加入による生命保険料は、個人事業者時代よりも経費にできる金額が大きい(保険の種類にもよる)

その他さまざまなメリットがあります。また、法人化によるデメリットも存在します。
これらについて、わかりやすくまとめられた本がこのたび出版されたようです。

「フリーランスと個人事業者が株式会社を作るときに「ゼッタイ」読んでおく本」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883378896/ref=s9_simh_gw_p14_d1_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-8&pf_rd_r=1WY5WNCKYXCE3YFR5K56&pf_rd_t=101&pf_rd_p=155416549&pf_rd_i=489986

法人成りをした場合のメリット・デメリットについての詳細な解説だけでなく、法人の「使いこなし方」まで踏み込んだ説明がなされております。個人事業者様で、法人成りなどをご検討の際にはぜひご一読ください。




投稿者 齊藤正巳税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
■所在地
〒120-0034
足立区千住1-37-2
プティーボワービル300号

お問い合わせ 詳しくはこちら